取引関係の構築により、政府系金融機関より6000万円の融資実行

業務請負会社B社は、ここ数年人件費の高騰から赤字経営を余儀なくされていた。
業務請負は人件費、広告費が先行する業態で新規顧客獲得にはどうしてもまとまった運転資金が必要となっていたが、どの銀行からも先行投資の資金を借りることはできなかった。
そこで、1年間はコスト削減を徹底的に行って頂くことと、100%預金担保での銀行口座開設を提案した。
1年後、B社はコスト削減により収支が均衡するレベルまで業績が改善できたことと、1年間の融資実績があったことから無事新規事業投資資金6000万円を満額借りることができた。