赤字1,000万円。他の資金調達コンサルティング会社も諦めた企業が、弊社で政府系金融機関より融資を獲得

  • 業種:社会福祉関係事業
  • 売上:5,000千円
  • 利益:△10,000
  • 調達額:3,000千円

掲題社は、昨年に開設した社会福祉関連事業者である。開設直前に事業の許認可機関より追加工事の指示があったこと、また追加工事の対応により開設予定の期ずれを起こしたことから、創業資金計画とその後の営業計画に大きな狂いが生じていた。

掲題社は上記の事態から近々に資金ショートが生じることは想定していたものの、開設後の業務立上げが多忙であり、十分な事業計画の見直しを行う時間がなかったことから、資金調達の支援を標榜する会計士、税理士事務所やコンサルティング会社に支援を求めたところ、創業直後の資金調達は困難であるとの理由から、尽く謝絶されることとなった。

このような中、当社に資金調達支援の申し出があり、状況を詳細に確認したところ、以下のポイントが整理できた。

◆本件は許認可機関の指示で設備投資金額が増加しており、掲題社の事業運営の見通しの甘さから発生した資金不足ではない

◆本件をきっかけに全社一丸となった営業を行っており、通常の同事業立上げ時における売上計画に倍するスピードで足元の売上を固めている

◆本件事業は売上が継続し、なかなか減少しない構造になっていることから、損益分岐点を越えるまでの予測が比較的容易であること

このことから、上記事項を信用保証協会に丁寧に説明し、現在の状況の本質を理解してもらうよう事業計画の見直しに関するアドバイスおよび支援を行った。
この結果、創業時に銀行経由で不認可となった信用保証協会の創業融資保証を、不認可から2ヶ月という期間にも関わらず取得することができ、無事資金調達を行うことができたもの。