資金調達スキーム一覧

主な資金調達スキームの一覧になります。お客様の状況に併せて、最適な資金調達スキームで資金調達を行います。


■融資・借入

  • 銀行融資
  • 日本政策金融公庫
  • 信用保証協会
  • 行政・自治体の制度融資
  • 助成金・補助金
  • ノンバンク・信販会社

皆様が銀行を始めとする金融機関と借入の交渉を行う際、最も大切な資料は事業計画です。
皆様はお客様に様々な商品(サービス)を提供し、評価を受け売上を獲得されていると思いますが、
資金調達における商品は事業計画となります。
事業計画の中で最も重要視されるのが、客観性と実現可能性です。
銀行が担保の次に過去の決算を重要視するのは、事業計画の客観性と実現可能性を確認するためです。
私たちは、事業計画策定において銀行の確認するポイントを十分踏まえ、客観性と実現可能性から
説明できる形になるようアドバイスをさせて頂きます。

 

■第三者割当増資

  • ベンチャーキャピタル
  • 事業会社
  • ファンド
  • 個人投資家

最も有利な資金調達は第三者に出資をしてもらうことです。
しかし、持株比率による支配権の問題が出てきます。
そこで、経営参画を行わないベンチャーキャピタルを利用する方法があります。
ベンチャーキャピタルは純粋に成長すると見込まれる事業への投資を行うことから
それぞれのキャピタルが専門分野をもっています。
私たちは自社ネットワークを利用し、皆様に最適なキャピタルをご紹介させて頂きます。

 

■リース・リースバック

リース

リースはお客様の購入すべき資産をリース会社が取得し、お客様へ賃貸する金融商品です。リースは運転資金としての調達はできませんが、設備投資資金の場合、リース会社はリースする期間を長めに設定するケースが多く、結果としてお客様が長期の資金調達が可能となるケースがあります。

リースバック

お客様のもつ資産をリース会社に売却し、再度、リース会社からお客様がリースを受ける金融商品です。比較的、銀行借入に近い資金調達が可能となりますが対象が物件に限定され不動産、ソフトウェア等については取扱できないケースが多いです。銀行と比較すると審査が厳しくないケースが多く、資金調達先としてご検討頂きます。

 

■流動化(売掛債権・不動産 等)

売掛債権、診療報酬債権、レンタル債権等の流動化

債権の流動化とは、お客様がもつ売上に関する債権を金融機関に売却することで、資金調達を行う金融商品です。安定した売り先があれば、安定した資金調達を行うことが可能となります。 但し、契約書に債権の譲渡禁止に関する事項の記載がある場合はご利用できません。 尚、診療報酬債権については、担保評価が高く金融機関によってはその担保価値のみを確認し赤字、債務超過であったとしても関係なく十分に資金調達ができる環境となっております。

不動産、建物、保証金の流動化

お客様が保有し、且つ今後も長期に利用する予定の不動産等を金融機関やファンド等に売却し、お客様は賃貸借契約で継続利用を行う金融商品です。